【Netflix】エミリー、パリへ行く シーズン2 ネタバレ感想/ストーリーはどんどんカオスに

感想

さてこの記事では、『エミリー、パリへ行く』 シーズン2のあらすじ、ネタバレ無しとネタバレ有の感想、そして英語学習の面での評価を紹介します。

Netflixもホリデーシーズンということで様々なタイトルを配信していますよね。

その中でも私が楽しみにしていたのが『エミリー、パリへ行く』のシーズン2です。

カラフルで個性的なファッションと美しいパリの街並みを画面越しで堪能できる今作品。

こんなご時世なのでテレビ画面からでも旅行気分が味わえて気分はまさにトレビアンでした!

画面構成は華やかで美しいのですが、話の中身はコメディドラマなので笑いもありつつ、愛と恋と嫉妬が渦巻いた中々スパイシーな作りでした。

スポンサーリンク

エミリー、パリへ行く シーズン2の概要

エミリー、パリへ行く シーズン2のあらすじ

上司の代理でエミリーはシカゴのマーケティング会社からフランスのグループ会社に駐在する事に。

すっかりパリでの生活に慣れたエミリー。フランス人シェフのガブリエルが故郷ノルマンディーへ戻ることになり、密かに思いを寄せ合っていた二人は一線を超す。

しかし、結局ガブリエルはパリに残る事となり、エミリーはガブリエルの元カノで、かつ自身の親友でもあるカミーユに後ろめたさを感じていた。

ガブリエルとの関係を断ち切り新しい恋へと邁進するため、エミリーは顧客でもあるマテューと小旅行に出かけるが・・・。

エミリー、パリへ行く シーズン2のキャスト

エミリー/リリー・コリンズ

パリ在住のアメリカ人でマーケティング会社に勤務している。

同じアパートに住んでいるガブリエルに惹かれるも、友人で彼の元カノのカミーユの手前、遠慮しがち。

ガブリエル/リュカ・ブラヴォー

エミリーと同じアパートに住むシェフ。

故郷のノルマンディーに戻るはずだったが、レストランの出資者が見つかりパリに残る事に。

カミーユ/カミーユ・ラザ

エミリーにできた最初のフランス人の女友達

ガブリエルとは恋愛関係にある

ミンディー/アシュリー・パーク

エミリーのルームメイト。

実は実家は中国でも有数のお金持ち。

アルフィー/ ルシアン・ラヴィスカウント

イギリス人で銀行に勤めており、仕事のためにパリに来る。

エミリーとはフランス語教室で出会うが、あまり勉強には乗り気ではない様子。

エミリー、パリへ行く シーズン2の感想

テンポの良いコメディともどかしい恋愛ストーリー

とにかく日本やアメリカとはまた違う、フランス流(?)の皮肉が効いたセリフ回しが面白かったです。

役ではミンディーとリュックのコメディアン、コメディエンヌがバッチリとハマっていました。

テンポ良くと進むコメディシーンと対照的だったのが、ロマンティックな恋愛シーン。

エミリーとガブリエルは惹かれ合ってはいるけれど、カミーユの存在や新キャラのアルフィーが居る手前、なかなか素直に思いを伝えられない様子。

これでもかとタイミングが悪すぎて、上手く行かなくてもどかしいんです。

もう私が画面の中に飛び込んで「御託並べてないで直ぐにキスしろ!!!!」と説教する害悪おばさんになりたいくらいでした。

でもこのもどかしいのが良いんですよねえ。

全体のストーリー自体もシーズン1とまた違った構成で良かったです。

前シーズンはエミリーが異国の地で振り回されながらも、機転を利かして大胆なアイディアで困難を乗り切るエピソードが多くありました。

それに対し、今シーズンはエミリーだけでなくシルヴィーやガブリエル、カミーユ、ミンディー等の脇役たちのストーリーも掘り下げられていた印象でした。

特にミンディーが大好きなので、彼女の夢に突き進む姿や恋愛模様も描かれているのが嬉しかったです!

また、シーズンの終盤では思いがけない人物の登場と、最後にとっておきの結末が用意されていました。

そしてシーズン3の制作決定は公式発表されていませんが、続編への期待が募る終わり方でした!

2022.01.19 追記
シーズン3及びシーズン4の制作が決定しました!3だけでなく、4の発表も一緒で今からワクワクです。

今シーズンで私のイチオシだったのが、新キャラのイギリス人銀行家のアルフィーでした。

控えめに言って最高でしたごちそうさまでした。

まずもってアルフィー演じるルシアン・ラヴィスカウントの子犬みたいな瞳にイチコロでした。

こんなおめめで「家来る?」なんて言われて断れますか?余ほど悟りを開いてない限り無理でしょう。

ところで第7話でアルフィーの「エアコンの風に当たりにくる?」という誘い文句に対して「エアコンの為だけに行くね」的な事を返したエミリーですが、これもう確定演出すぎませんか。

男女がひとつ屋根の下に集合して、エアコンで涼むだけで終わる訳がないのは世の中の理ですね。

あとすごく細かいのですが、自宅でアルフィーとエミリーが過ごすシーンの、アルフィーの物理的な距離の詰め方に胸キュンしました。

グラスを置くのにそこまで身体を密着させなくても良いはずなのに、アルフィーのあざとさが出ててときめきました。

既に当て馬感がプンプン出ている彼なのですが、欲を言うと彼とハッピーエンドになってほしいものです。

最終話でちゃっかりガブリエルとヨリを戻し同棲する事を告げるカミーユ。え?

ガブリエル不可侵同盟を組んでましたよね?え?

何も無かったように「同棲することになったよ!」って、え、何それ女の人怖すぎ。

これがシーズン3にどう影響してくるか今から楽しみです。

あと、エミリーとカミーユでモロッカンスパに行くシーンで、いきなりカミーユの上裸が映されて驚きました。

フランスの文化を描く意図があるのでしょうが、いきなり過ぎてビックリ。もうちょっと説明してくれてたらこちらも心の準備ができたものを・・・。

エミリー、パリへ行く シーズン2は英語学習にオススメ?

まずは何と言ってもフランス語アクセントのある英語リスニングの勉強になりました。

知り合いや仕事の際に英語でフランス人と関りのある方にとってオススメです。

更にはメッセージのやり取りも随所に出てきて勉強になります!

メッセージやチャットになると主語の”I”が省略されるのがよくあるのですが、このドラマでもそうでした。

また、1話20分程度なので集中力が皆無な私のような学習者にはちょうど良い長さでオススメです。

まとめ

アルフィーという新たな登場人物も加わり、エミリーの恋愛模様は更に複雑怪奇かつ情熱的になった印象を受けました。

シーズン3の製作は正式には決まっていないようですが、ぜひとも続編が見たいです!

タイトルとURLをコピーしました